ボードメンバー

アドバイザースタッフ

[ 代表取締役会長 ] 春田 真

1992年4月、株式会社住友銀行に入行。同行退職後、2000年2月 株式会社ディー・エヌ・エーに入社、同年9月に取締役に就任。2008年7月、常務取締役に就任。2011年6月、取締役会長に就任。DeNAの上場を主導するとともに大手企業とのJV設立や横浜DeNAベイスターズの買収等M&Aを推進。2011年12月 横浜DeNAベイスターズのオーナーに就任。2015年4月 株式会社ベータカタリスト設立。代表取締役就任。



[ 代表取締役社長 ] 石山 洸

東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻修士課程修了。 株式会社リクルートホールディングスに入社。同社のデジタル化を推進した後、新規事業提案制度での提案を契機に新会社を設立。事業を3年で成長フェーズにのせ売却した経験を経て、2014年、メディアテクノロジーラボ所長に就任。2015年、リクルートのAI研究所であるRecruit Institute of Technologyを設立し、初代所長に就任。2017年3月、デジタルセンセーション株式会社取締役COOに就任。静岡大学客員教授、東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員。



[ 取締役 ] 坂根 裕

大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻博士前期課程修了。静岡大学情報学部助手。在任中にデジタルセンセーション株式会社を設立(設立時は兼業、後に専業)。父の影響で3歳からプログラミングを始める。ユマニチュード®認定インストラクター。



[ 取締役 ] 粟生 万琴

エンジニアとしてソフトウェア開発に従事した後、2003年 株式会社パソナテックに入社。2010年 社内ベンチャーを立ち上げ、Webアプリ開発に特化した事業を手掛ける。2012年同社初の女性執行役員として就任、新規事業、およびマーケティング責任者として、海外拠点タイ事業の立上げ(JV)、クラウドソーシングサービス(Job-Hub)の立上げ、産官学連携プロジェクト責任者として従事。



[ 取締役フェロー ] 古屋 俊和

2012年 修士課程在籍時にデータ解析専門の会社を創業。テキストマイニングを用いた株の運用システムの開発、医療診断支援システムの開発、人工知能を用いたレコメンドシステムの開発等を手がける。 2014年 情報学研究科博士課程在籍時にDeepLearningとGroupLassoを用いた肺結節判別の研究を行う。また、ICTを活用した介護事業所の設立と運営を手がける。 2016年 DeepLearning等、機械学習を使ったサービスを世の中に広めていきたいと思い、元DeNA会長の春田氏と共に、関西発の人工知能専門ベンチャー(株式会社エクサインテリジェンス)を創業。 保有資格:MBA(京都大学) 所属学会:日本統計学会



[ 取締役フェロー ] 竹林 洋一

東北大学大学院博士課程修了、東芝入社。MITメディアラボ滞在中に人工知能研究の巨人・ミンスキー博士の知遇を得る。東芝研究開発センター技監などを経て、静岡大学教授。デジタルセンセーション株式会社会長を兼業、人工知能学会理事、情報処理学会理事などを歴任し、情報処理学会フェローなど受賞。2017年4月から静岡大学創造科学技術大学院特任教授。