[ 早稲田大学基幹理工学部教授 ] 尾形 哲也

1993年、早稲田大学 理工学部機械工学科卒業。日本学術振興会特別研究員、早稲田大学助手、理化学研究所脳科学総合研究センター研究員、京都大学大学院情報学研究科 准教授を経て、2012年より早稲田大学基幹理工学部表現工学科教授。2009年から2015年まで科学技術振興機構さきがけ領域研究員,2015年より産業技術総合研究所人工知能研究センター招聘研究員を兼任。ニューラルネットワークおよび人間とロボットのコミュニケーション発達に関する研究に従事。2013年、日本ロボット学会理事。2016年、人工知能学会理事。



[ 京都大学情報学研究科教授 ] 鹿島 久嗣

日本IBM東京基礎研究所 研究員、東京大学大学院情報理工学系研究科 准教授を経て、 2014年4月より京都大学大学院情報学研究科 教授。専門は人工知能の一分野である機械学習で、コンピュータを用いたデータ解析技術の研究と開発に従事。



[ 東京大学情報理工学系研究科講師 ] 中山 英樹

2011年東京大学大学院 情報理工学系研究科知能機械情報学専攻博士課程修了
2008年4月より平成23年3月日本学術振興会特別研究員(DC1)
2012年8月より東京大学大学院情報理工学系研究科創造情報学専攻講師
2016年1月より産総研AIセンター客員研究員



[ 東京女子大学情報処理センター助手] ] 浅川 伸一

博士(文学) 東京女子大学情報処理センター勤務。早稲田大学在学時はピアジェの発生論的認識論に心酔する。卒業後エルマンネットの考案者ジェフ・エルマンに師事,薫陶を受ける。以来人間の高次認知機能をシミュレートすることを通して知的であるとはどういうことかを考えていると思っていた。著書に「Pythonで体験する深層学習」(コロナ社,2016),「ディープラーニング,ビッグデータ,機械学習あるいはその心理学」(新曜社,2015),「ニューラルネットワークの数理的基礎」「脳損傷とニューラルネットワークモデル,神経心理学への適用例」いずれも守一雄他編「コネクショニストモデルと心理学」(2001)北大路書房など



[ 株式会社ローランド・ベルガー 代表取締役社長 ] 長島 聡

1996年早稲田大学理工学研究科博士課程修了
1995年より早稲田大学理工学部助手、各務記念材料技術研究所助手
1996年よりローランド・ベルガーに参画
2014年9月より同社代表取締役社長就任